Gallery SORA / SPACE kuu

HOMEオーナーの独り言

オーナーの独り言 Talk to oneself

いきもの玉手箱、終了しました

カエル工房さんの素敵なジオラマ。期間中、多くの方々に楽しんでいただけたと思いますラブ
大雨の中でも来場くださったお客様、本当にありがとうございました。一時間、2時間とギャラリーにいるツワモノも・・・!「楽しいなぁ〜♪」という言葉もたくさんいただきました。
長谷川三芳さんのガラスのワーク・ショップで製作されたペンダントトップです。オリジナルで世界で一つだけのアクセサリーです。参加された皆さんが出来栄えの良さに驚いていました!拍手またこういった機会を作りたいですねニコニコ 今回、出品協力してくださった10人(作家&工房)の皆様、本当にありがとうございました。祝

雨ニモ負ケズ・・・4回目のご来場(^o^)/

M氏は「いきもの玉手箱」に大いなる愛着を感じていただいた一人です。カエル工房さんからDMが届いたお一人だったのですが熱心にご来場いただきました。今日はkame*さんの作品をご購入拍手

いきもの玉手箱 可愛いお客さま

何と5人姉妹とお母様がカエル工房のカエルさんたちに釘付け!見るラブそれぞれ一つづつ、お気に入りのカエルの置物をご購入されました。鳴いているアマガエルや様々な色彩で個性的な毒カエルたち!いやぁ〜楽しいですね拍手

いきもの玉手箱 5日目

出ましたびっくりNHKの鳥取ニュース!
街のギャラリーを行くというシリーズだったのですねジョギング録画を見て知りました。カエル工房さん以外は他県なので録画をダビングして欲しいというメールがありました。しかし我が家はHDDレコーダー方式なのでそこからDVDへダビングするにはかなり面倒らしく、(説明する人も上手く説明できないようだった)とにかくHDDに見たい番組はドンドン入れて、消してというようなDVDやカセットテープは必要ない生活で、満足していました。時間に余裕ができたら検討しますので、作家さんたち少しお待ちくださいね。You Tubeに載せられるといいんだけど・・・
鳥取県の手仕事ブログ/こちら手仕事というサイトにいきもの玉手箱の記事が掲載されました。取材に来られた観光政策課の女性の方はカエルにとても詳しいのでお聞きすると環境保全の関係の仕事に関わっているということでした。ちなみに「ヤドクガエル」が気に入られてお買い上げされましたワッ!「カエルって奥が深いんですよ〜♪」と。。。

いきもの玉手箱


日下祥子さん作:くらげのランプシェード
暗くすると周りに綺麗な色の光が投影され、幻想的です。
明日、水曜日の18:10〜NHK鳥取一押しニュースで「いきもの玉手箱」のことが紹介されます。見てくださいねピピピテレビジョンピピピ

いきもの玉手箱


亀川よしこさんの作品。「エプロンママ」何故か私に似てるような気がして・・・たらーっ気になります。

いきもの玉手箱


長谷川三芳(みほ)さんのグラスとガラスの置物。長谷川さんにはガラスのワークショップを3回開いていただきました。参加された方の作った作品は現在、長谷川さんが電気で溶着して、ペンダントやブローチに加工してくださってます。後日、どんな作品が出来たかお知らせいたしますイケテル

いきもの玉手箱 4日目


今日は新日本海新聞に掲載され、朝からお客様が途切れずありました。別件で毎日新聞社の取材がありましたが「いきもの玉手箱」にも興味を示され、紹介してくださることに・・・拍手凝ったアングルで写真も撮っていただきました(笑)全部で何点あるのかという質問に困ってしまい、作品リストのNOを全部たしてみると、何と!1400点もありました。在庫は数えていませんびっくり凄いです。。。

ペーパーウェイト・ハリセンボン

私がギャラリーにいない時にnollie氏来場!ファンタジー溢れるガラスのペーパーウェイトをご購入!写メ撮っておいて良かったです♪

いきもの玉手箱3日目

おやこKujira / 野中 由華(埼玉県在住)幼少から海の生き物が好きで、水族館に8年勤務。退職後イラストレーターとして、しながわ水族館などのイラストを製作。同時にダイアモンド粒子ペンで手彫りする手法「グラスリッツエン」に魅かれ、海の生物中心にをガラスに彫っています。ユザワヤ「グラスリッツェン」講師課程修了。<作品の形態> グラスリッツェン(手彫り中心)
アクリル絵画(絵の中にカエルがいます!)日下 祥子 (東京都在住)岩手県出身。海のそばで育つ。
絵を描くことを中心に、彫金、ステンドグラスなどいろいろなモノをいろいろな素材で制作。魚やくらげ、カエル、爬虫類など毛のない生き物や植物をモチーフにするのが好き。グループ展を中心に、年2,3回出展。<作品の形態> 絵画(アクリル)、彫金、手彫りスタンプ、ステンドグラスなど
Kame* (東京都在住)1996年Polymerclayの体験講座に参加。色彩の美しい粘土で繊細な模様を作る事に魅せられ1999年はじめてグループ展に出展。以後、粘土をこねることの楽しさにハマる。年に数回の展示会とワークショップを開催。ちょっと抜けていて、ぷぷぷっと口元がゆるむそんな物を作るのが好き。
最近は名前にちなみ、『豆カメ』作りに夢中。<作品の形態>オブジェ・アクセサリー(時計のバックルを含む)・ランプシェードなど
長谷川さんの絵が素晴らしいラブ帯どめです。next長谷川 三芳(島根県在住)1998年ホットグラススタジオ(ガラス工房)入社。以後 デザインフェスタやグループ展に出展。公募展入選。2002年に鳥取に帰省。とっとり夢フェスタ美術展に入選。グラスホッパーギャラリー(東京)手作り工芸展(米子天満屋)等出展を重ねる。
<作品の形態>ガラス工芸 技法はフュージング、パート・ド・ドヴェール、エナメル絵付け、バナーワーク

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
<< | 1/2PAGES | >> >>

ページのTOPへ戻る